中條文化振興財団の事業内容

  • 文化意識の啓発事業[大茶会]
  • 文化活動の奨励事業[助成金・財団賞]
  • 文化情報の収集提供事業[文化通心]
  • 茶道文化会館事業および茶道文化の普及に関する事業
  • 地域伝統文化等の継承・保護に関する事業
  • その他目的を達成するために必要な事業[晴友会]

新着情報

2017年6月 4日

あ・うんの数寄講座
「第3回 茶の湯をさらに楽しむ夏期講習」 

茶の湯をさらに楽しんでいただきたいと、各分野の専門家の先生を講師に迎え、5回シリーズで夏期講習を企画致しました。財団茶室の「晴松亭」広間を会場とし、気軽に質疑応答ができるようにと寺子屋形式で少人数の講座にしました。1回の講座は約2時間。基本的に5回の講座がセットになっておりますが、席に余裕がある時のみ単発での参加を受付けます。

場所:財団茶室「晴松亭」広間
時間:午前の部10:30〜、午後の部14:00〜の2回開催
参加人数:各定員30名
参加費:10,000円(5回セット券)、高校・大学生は5,000円

平成29年度の講座の日程と内容【講師(敬称略)と演題】

7月22日(土)「玉楮象谷ヒストリー」 住谷 晃一郎(香川県文化振興課 美術コーディネーター)
7月23日(日)「京の食文化と私のこだわり」 高橋 英一(南禅寺・瓢亭十四代当主)
7月30日(日)「日本の歳事としきたりを楽しむ」 芳野 宗春(武者小路千家幹部職分格 芳野家三代当主)
8月6日(日)「黒田家の竹工芸」 黒田正玄(千家十職竹細工・柄杓師 十四代当主)
8月27日(日)「茶の湯を楽しむ」 木下 收(北村美術館 館長)
(c)2004 Chujo Culture Promotion Foundation